ためになる脳ドック塾


ためになる脳ドック塾

脳ドックを受けた方が良いのは、脳血管疾患を患った家族がいる人・生活習慣病(高脂血症・高血圧・糖尿病etc)の人・喫煙者・飲酒量が多い人、です。
これらの遺伝的要素・生活習慣を持っている人は、脳梗塞や動脈硬化といった脳疾患にかかりやすくなります。
従来は、これらの病気は中高年がかかる病気、とされてきました。しかし、近年ではコレステロール摂取量の増加や生活習慣の乱れにより、若年者の患者も増えています。
目安としては、30代に入ったら定期的な脳ドックを受診することを、おすすめします。
受診間隔としては、一年に一度受けておけば安心です。さらに受診間隔を短くしたい人に対しては、その都度検査することも可能です。
ただし、脳ドックを受けられない人もいます。心臓にペースメーカーが入っている人・脳動脈にクリップが入っている人・体内に金属が入っている人(金属の種類・部位によって検査の可否は異なる)・妊婦(妊娠の可能性がある人)です。これらの人たちは原則として脳ドックが受けられません。

知られざる脳ドック情報をご紹介

若い頃は自分の健康を気にすることもないでしょうが、40代くらいになってくると、健康診断をやってもう、異常値の1つくらいはだれでもでてくるものです。医師からは、人間ドックと脳ドックは年1回はやっておいたってほうがいいといわれることがありますが、脳ドックをやる意味とはどのような意味があるのでしょうか?脳ドックをやることでわかるのは、脳内の動脈瘤や静脈瘤があるかどうかも
わかりますし、血管の奇形や脳腫瘍、脳内の血栓などもわかります。それは程度はいろいろですが、確実にわかります。自覚症状が特にないという方でも、異常があることがあります。また、動脈瘤や静脈瘤があることで、クモ膜下出血になる原因になりまうし、血栓は脳梗塞や脳出血の原因となりますから、早めにリスクを知っておくという意味でも検査をしたほうがいいのです。頭痛が起こってもすぐに病院にいけますし、食事の管理という面からも自分の症状を知っておくことが大切なのです。